• 石川大記

OculusQuestで手軽に仮想現実を体験



近年、仮想現実(バーチャルリアリティ)が話題になります。パソコン等で計算され表示された立体の仮想空間の中で、あたかも現実のようにふるまうことができる技術です。 


HMD(ヘッドマウントディスプレイ、頭に付けるディスプレイ)と呼ばれる道具を頭に付けることが多いのですが、以前は仮想現実を体験するには高性能なパソコンが必要でハードルが高く、パソコンとHMDをケーブルで繋ぐ必要もあって動きに制限がありました。


しかし、最近発売されたOculusQuestは、パソコン不要でHMDだけで仮想現実を体験できます。またケーブルがないので動きに制限もなく、手軽に仮想現実を体験できるようになりました。右手用と左手用のコントローラーが付属していて、最初からインストールされている導入プログラムだけでも十分に体験できるのですが、より仮想現実を実感できるアプリをいくつかご紹介します。


Beat Saber

いわゆる音ゲーで、音楽のリズムに合わせて、飛んでくる立方体を両手に持った赤と青のライトセーバーで切っていくゲームです。色や切る方向を合わせないとミス。ステージが進むと、切るとミスな地雷や、大きくかわす必要のある壁なども出てきます。


Superhot VR

映画マトリックスで銃の弾丸を避けるシーンが有名ですが、まさにあのような体験ができるゲームです。ナイフや銃などの武器を持った敵が襲い掛かってくるところをかわして、時には武器を奪い取り、反撃し倒していきます。変わっているのは、自分が動いている間だけ時間が動く点。銃を撃たれても、自分が動かない間は弾丸も止まっているので、どのようにかわすか考えてから行動していく流れになります。


Wander

googlestreetビューで記録された場所なら世界中どこでも、あたかもその場所にいるかのように体験できるアプリです。場所によっては年も選べて何年か前の風景の中を歩くこともできます。私は学生時代に住んでいたつくば市や、筑波大学の構内を歩いてみましたがとても懐かしかったです。


3Dで楽しめる動画もあり、YouTubeなどの動画サイトで無料の3D動画を公開しています。仮想現実内で映画館のように大きなスクリーンに映画を投影して鑑賞することができるため、大きなテレビやプロジェクターを購入しなくても大画面で映画を見ることもできます。



北海道は面積が広く移動距離も長くなるため、仮想現実の技術を何か活用できないものか、と思います。病室から出ることのできない患者が、仮想現実で自宅を見たり、車に乗った様子を見ることができたという記事が神戸新聞に掲載されていました。今後もいろいろな仮想現実技術の活用が考えられます。



Oculus Quest