• 石川大記

納内小学校で租税教育を行いました



11月27日に、納内小学校で租税教育を行いました。6年生10人が対象で、男子が5人、女子が5人でした。租税教育は、7月12日に幌加内中学校で行ったのに続いて今年2回目です。


税金の使い道や公平な集め方、日本の財政や民主主義について話し、アニメを見たり、一億円のレプリカを持ってもらいました。


租税教育でも使われるアニメ「マリンとヤマト 不思議な日曜日」「ご案内します アナザーワールドへ」は、YouTubeの国税庁動画チャンネルで公開されています。どちらも税金がない世界をテーマにした作品で、大人が見ても楽しめますので、税金なんてないほうがいいと考えているお方は一度ご覧になるといいかもしれません。