• 石川大記

4月17日(金)以降も所得税・消費税・贈与税の申告書等の提出が可能です

新型コロナウイルス感染症対策の観点から、個人の令和元年分の所得税・贈与税・消費税の 申告と納付については、令和2年4月16日(木)まで延長となっておりました。


しかし、現在もまだ感染が拡大している状況に鑑み、4月17日(金)以降であっても 申告を受け付ける(期限内申告として扱う)ことになりました。 申請や届出や届出など、申告以外も同様です。 納税を口座振替にしているときは、振替日については税務署から個別に連絡となります。


この個別延長とする場合は、別途申請書等を提出する必要はなく、 紙で提出する場合は申告書の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と 記載すればいいことになっています。


申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限の個別指定による期限延長手続に関するFAQ


確定申告期限の柔軟な取扱いについて(4月17日(金)以降も申告が可能です)










最新記事

すべて表示

9月決算から法人市民税の税率が変わります

平成28年度税制改正により、令和元年10月1日以後に開始される事業年度から法人市民税(法人税割)の税率が変わります。令和元年9月30日までに開始した事業年度での税率は12.1%ですが、令和元年10月1日以後に開始する事業年度では税率は8.4%となりますので、基本的に令和2年9月決算の法人から税率が8.4%になります。北空知の中で沼田町は、従前の税率9.7%から6.0%に変更になります。 法人市民税