• 石川大記

来年3月からマイナンバーカードが健康保険証として使えるようになります



令和3年3月から、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。そのための申し込みの受付が始まりました。マイナンバーカードを取得し、カード読み取り対応のスマホでマイナポータルアプリを使うか、ICカードリーダーを用意してパソコンでマイナポータルを利用することで申し込むことができます。


医療機関や薬局でマイナンバーカードをカードリーダーにかざすだけで、健康保険証の代わりに使えるようになる予定です。かざした後、顔写真で本人を確認します。従来どおり健康保険証でも受診できます。


マイナンバーカードを健康保険証として使うと、転職・結婚・引越ししても、健康保険証の発行を待たずに、保険者での手続きが完了次第、マイナンバーカードで医療機関・薬局を利用できます。また、マイナンバーカードを用いて、薬剤情報、特定健診情報、医療費通知情報を閲覧することが出来るようになります。将来的には、確定申告の医療費控除の情報も自動入力できるようになる見込みです。


マイナンバーカードの健康保険証利用|マイナポータル


最新記事

すべて表示

9月決算から法人市民税の税率が変わります

平成28年度税制改正により、令和元年10月1日以後に開始される事業年度から法人市民税(法人税割)の税率が変わります。令和元年9月30日までに開始した事業年度での税率は12.1%ですが、令和元年10月1日以後に開始する事業年度では税率は8.4%となりますので、基本的に令和2年9月決算の法人から税率が8.4%になります。北空知の中で沼田町は、従前の税率9.7%から6.0%に変更になります。 法人市民税