• 石川大記

マスクや消毒液の購入費用は医療費控除の対象になりません


10月23日に国税庁webで「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」が更新されました。


今回更新された中で、マスクの購入費用は医療費控除の対象とならない旨が明記されています。消毒液などの購入費用も、同様に医療費控除の対象とはなりません。


PCR検査費用については、次の場合は医療費控除の対象となります。

①医師等の判断により受けたPCR検査の検査費用

②自己の判断により受けたPCR検査で「陽性」であったことにより引き続き治療が

 必要だった場合の検査費用


自己の判断により受けたPCR検査で「陰性」だった場合の検査費用は、医療費控除の対象になりません。


国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ


最新記事

すべて表示

9月決算から法人市民税の税率が変わります

平成28年度税制改正により、令和元年10月1日以後に開始される事業年度から法人市民税(法人税割)の税率が変わります。令和元年9月30日までに開始した事業年度での税率は12.1%ですが、令和元年10月1日以後に開始する事業年度では税率は8.4%となりますので、基本的に令和2年9月決算の法人から税率が8.4%になります。北空知の中で沼田町は、従前の税率9.7%から6.0%に変更になります。 法人市民税